TOP  >>  地元販売所
島風便
head

地元販売所

ライン

人と情報、資源が集まる拠点「承久海道キンニャモニャセンター」

承久海道キンニャモニャセンターは、海士町の情報発信及び交流の拠点施設として平成14年に整備された、木造2階建ての暖かみのある建物です。

隠岐汽船や内航船、バス・タクシーなどのターミナル機能の役割を持つほか、海士町の観光案内所である「海士町観光協会」、海士町漁協の直売店「大漁」、海士町役場の産業三課(交流促進課、地産地商課、産業創出課)などが入っています。  

弊社キンニャモニャセンター事業部では、「しゃん山」「島じゃ常識商店」「船渡来流亭」の3店舗を運営することにより、地元の地域資源を活用した商品づくりと販売に取り組んでいます。

 

※キンニャモニャの詳しい説明・由来は海士町役場HPの「キンニャモニャ宣言」をご参照ください。



しゃん山(地元農産物直売所)

地元産の野菜やお米などの他、「こじょうゆ味噌」や「ふくぎ茶」「蘇婆訶梅」などの農産品、「CAS凍結商品」「海士乃塩」といった島風便商品など、こだわりの海士産品が大集合しています。これらジゲ(土地)の名品を詰め合わせた「JIGE」セットの販売も行っています。

地元野菜は、毎朝9時に町内から入荷されます。地元の素材をふんだんに使ったお弁当やお総菜も大人気です。




島じゃ常識商店(お土産、特産品の販売)

海士乃塩を使った「海士の塩羊羹」や「白波」「キンニャモニャ饅頭」などの地元銘菓、ご当地カレーの先駆けである「さざえカレー」、隠岐の清酒や海藻焼酎、「民謡キンニャモニャ」関連商品など、さまざまなお土産品を取り揃えています。
地元素材使用の特製ソースをかけたサンデーソフトなどのご当地デザートも好評です。




船渡来流亭(軽食・レストラン)

鮮度抜群の「白いかのお刺身」やプリプリの生食が楽しめる「いわがき春香」、全国ご当地どんぶり選手権で好評を博した「寒シマメ漬け丼」、こだわりの原料を使用した「海鮮フライ」などの島風便(CAS凍結商品)メニューの他、「隠岐そば」や「サザエカレー」など、さまざまな海士の郷土料理が楽しめます。
食べて気に入った島風便メニューは、「しゃん山」の島風便販売コーナーにて購入することもできます。



foot